岡山県玉野市で海・港・船をテーマにした「たまの港フェスティバル」開催

写真拡大

岡山県玉野市の宇野港で、海・港・船をテーマにしたイベント、「たまの港フェスティバル」が開催される。日時は5月18日(土)の10時〜17時、19日(日)は9時〜17時まで。

同イベントは、「海・港・船をテーマにした、玉野でしかできないイベント」を合言葉に開催されるもので、テーマに基づいた海のイベント、ステージ、フリーマーケット、ご当地グルメなどの催しが用意されている。

船舶を中心としてイベントを展開する「港会場」では、消防型巡視艇「りゅうおう」の一般公開、放水展示や、「太平洋の白鳥」と呼ばれる帆船「日本丸」の一般公開、セイルドリル(停泊したまま帆を張ること)などが行われる。

ご当地グルメや絵画展示などを中心に提供する「広場会場」では、「富士宮やきそば」・「たまの温玉めし」・「たまの自衛艦カレー」・「津山ホルモンうどん」・「日生カキオコ」・「新庄ひめのもち」・「笠岡ラーメン」・「児島たこめし」など県内外からご当地グルメが集合。

「築港会場」では、ミニ四駆で遊べるほか、粘土で作るスイーツデコ体験、アームレスリング大会が行われる。

メインステージでは、東児の平和を守るため、番田ーランド(バンダーランド)からやってきた「東児ライダー8」のスペシャルショーを実施。また、コピーバンドの演奏や、岡山のご当地アイドルユニット、「ハートアップガールズ」など多彩な顔ぶれによるパフォーマンスを楽しむことができる。

詳細はたまの港フェスティバルで確認のこと。