兵庫県で神戸市最大の祭典、「神戸まつり」が開催!

写真拡大

兵庫県で、神戸市最大の祭典、「神戸まつり」が開催される。開催日時は「各区のおまつり」が5月18日(土)、三宮フラワーロード、旧居留地周辺、ハーバーランドで行われる「メインフェスティバル」が19日(日)の11時から。

同イベントでは、「神戸から届け勇気と希望の輪」と題し、市内各地域で様々な催しが行われる。「各区のおまつり」では、住吉公園特設会場で開催される「東灘うはらまつり」、王子競技場前広場での「六甲ファミリーまつり」、東遊園地の「ふれあい中央カーニバル2013」など、地区ごとのイベントが実施される。

「メインフェスティバル」では、神戸市婦人団体協議会による総踊りの後、ダンスなどを披露する「総踊り〜おまつりパフォーマンス」を開催。サンバ・ダンス・バトンなどの団体がパレードを繰り広げる「おまつりパレード」に続く。

また、ステージイベントでは、市内外サンバチームが競演する「サンバストリート」、郷土芸能、民俗芸能等を中心とした「花舞台」、太鼓やパーカションなど打楽器による競演、「KOBE夢太鼓」、人気のゆるキャラたちが大集合する「ダンスアベニュー」なども開催される。

そのほか、神戸の「食」を堪能できる「マーケットイベント」、海洋性スポーツの振興と海事思想の普及をはかるため行われる「ヨットレース クルーザーレース」など様々なイベントが用意されているという。

神戸は、日本で初めてプロのジャズバンドが誕生した場所。大正12年に結成された「ラッフィング・スター・ジャズバンド」が、日本人によるジャズバンドの始まりだと言われている。

同イベントではそれにちなみ、花時計線中央にて「KOBE JAZZ LIVE STREET」が行われ、ジャズの演奏も楽しむことができるとのこと。詳細は、公式サイトで見ることができる。