住宅用消火器の扱い方、正しくないものは?【住まいの毎日クイズ】

写真拡大

Q:住宅用消火器の扱い方として、正しくないものは次のうちどれでしょうか?

A:火元から2〜3メートル離れて放射する



B:製造後10年以上たったものは使えない



C:水回りに近いところには置かない



(答えは矢印の下です!)



































解答:



B:製造後10年以上たったものは使えない

解説:

消火器は正しく使えるようにしておきましょう。製造から10年以上たっていても点検の際に問題がなければ使用できますが、家庭用消火器の使用保証は5年が一般的です。平成23年1月1日より消火器に関する省令が改正されていますので、旧型の消火器を持っている場合は、確認しておくとよいでしょう。