山本美月

写真拡大

20日、フジテレビ系バラエティ番組「笑っていいとも!」に女優・モデルの山本美月が出演、意外な趣味を公開し話題となった。

山本は2009年に、未来のスーパーモデルを発掘する「東京スーパーモデルコンテスト」に優勝して以来、ファッション雑誌「CanCam」専属となった人気モデルで、最近は『桐島、部活やめるってよ』への出演など、女優としても活躍している。

「テレフォンショッキング」に登場した山本は、観客からの「かわいい!」といった声に迎えられ、「嬉しい…ありがとうございます!」と笑顔で答えた。山本が同郷だと聞いていたタモリが「博多ですか?」と問いかけると、山本は「福岡の中央区のほうなんですけど、鳥飼です」と答え、そこからは「博多トーク」に花が咲いた。

山本の意外な趣味が明らかになったのは、スタジオの観覧者に質問を投げかけ、該当する人数を当てる場面。山本は、「レイヤー、コスプレイヤーをしている人」と質問し、「私、普段趣味で、アニメのコスプレをしたりするんですよ」と、コスプレが趣味であると明かしたのである。

山本は「魔法少女まどか☆マギカ」のコスプレをした写真パネルを公開し、本格的なコスプレイヤーであることの裏付けを披露。その姿に、観客はやはり「可愛い」などと声をあげたが、最近のアニメに疎いタモリは「まど、まどかまぎか?」と良く分からない様子で、苦笑するばかりだった。

山本のコスプレ趣味は、これまでも雑誌でもとりあげられており、公開されたパネルも「CanCam」での企画撮影での一場面。同誌面では「フレッシュプリキュア!」のキュアピーチ姿や、初音ミクのコスプレも披露したという。公開が決まっている映画「黒執事」でも、メイドのリン役を演じる山本は、メイド姿を違和感なく着こなし、原作の熱烈なファンであるとも公言している。

視聴者はTwitterで「山本美月アニオタなのかよ。 共通点多いでぇ」「山本美月のまどマギコスレベル高いな。お友達になりたい」と親近感を持ったといった声が多くあがっており、いいとも!で初めてコスプレ趣味を知ったケースも多かったようだ。「桐島」では校内一の人気者美少女を演じ、モデルらしい高嶺の花のイメージの山本だが、「黒執事」のメイド姿で新たな一面を披露しそうだ。

【関連記事】
「黒執事」剛力に続くキャスト、人気モデル・山本美月が初のメイド役。
【エンタがビタミン♪】「オタクなんです」。モデル・山本美月がテレビ番組で号泣。
「公開処刑」の声は板野友美にも届いていた! モデル共演時の秘策とは

【関連情報】
オタモデル『山本美月』☆CanCam人気モデル
山本美月 - 写真ギャラリー