上半身に無数に入ったタトゥーがすごみを感じさせる劇中のライアン・ゴズリング/[c]2012 KIMMEL DISTRIBUTION, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

今、最も旬なイケメン俳優の2人がブラッドリー・クーパーライアン・ゴズリングだ。彼らが共演を果たした『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命』が5月25日(土)より公開されるが、早くもファンの間で激しい火花が飛び散っている。

【写真を見る】このがっしりした腕の中で守られたい!?

というのも、この2人にはちょっとした因縁があるのだ。2011年にピープル誌が選ぶ、最もセクシーな男を受賞したのはブラッドリーだった。ところが、この結果に納得のいかないライアンのファンが、5000人の署名を集めて抗議デモを敢行。もちろん結果は覆らなかったが、一大騒動へと発展した過去があるのだ。その後、同誌が選出する2012年 感謝すべきセクシーな胸板25人には2人とも選出されており、ライアンの近年の活躍ぶりは目覚ましいものがあり、2013年には同誌の最もセクシーな男に選ばれる可能性も相当に高いと思われる。

そんな2人が遂にスクリーンで直接対決(!?)を果たすとあれば、ファンが黙っているはずもない。しかも、本作は本格的なクライムドラマとなっており、強盗役のライアンを、警官役のブラッドリーが追いかける構図になっているのだから、なおさら熱い展開だ。まるで誂えたような舞台で、勝負はどんな結末を迎えるのか、その行方を見守ってほしい。

ライアンも出演した『ブルーバレンタイン』(11)のデレク・シアンフランスが監督を務め、作品自体の評価も上々の本作。ハリウッド映画界を将来を担うであろう2人のイケメン&胸板対決を是非とも劇場で楽しんでもらいたい。【トライワークス】