食べたら死にいたることも! 間違いやすくアブナイ植物

写真拡大

都市部に生えている身近な草花は、食べられないと思っていませんか? 実は食べられる山菜もたくさんあるのです。しかし、中には猛毒の植物も。簡単な見分け方を里山に住んでいる農家に聞きました。

――身近にある山菜を教えてください。

「季節によりますが、今(4月中旬)ならセリ、フキ、ウド、コゴミ、ワラビ、ノカンゾウ、ノビル、タラノメがおいしいですよ」

――タラノメの天ぷら、おいしいですよね。これに似たアブナイ植物はありますか?

「一番気をつけなければならないのは『ウルシ』ですね」

――ウルシとは、あの、漆器などに塗るものですか? 良く聞きますが、植物として生えているのは見たことがありません。

「そう、そこが落とし穴です。山菜採り初心者は、お目当てのタラノメをネットや本で調べてきますが、それに似たアブナイ植物は調べてこない。ウルシは触れるだけでもかなり肌がかぶれます。食べたら大変です。

タラノメはトゲがたくさんありますが、ウルシはありません。しかし、『トゲなしタラノメ』というのもあり、それと間違えることが多いようです。もう一つの見分け方は、芽の部分がウルシの方が赤いので見分けがつきます」

――ほかにありますか?

「これは有名ですが、セリとドクゼリですね」

――セリといえば、春の七草の?

「そうです。しかも、セリとドクゼリは同じ場所に生えるのでややこしい。葉っぱが細い方がドクゼリです。もう一つは、ドクゼリは折ると、恐らくは毒の臭いなのでしょうが、嫌な臭いがします。

そのほか、ノカンゾウの花の芽と、キツネノカミソリが似ています。ノカンゾウはおいしいので人気の山菜ですが、キツネノカミソリは腹痛、下痢などの症状を起こすので気をつけましょう」

――イモ類では何かありますか?

「山に行くと自然薯がありますが、似たもので『トコロ』というイモがあります。葉っぱもイモの形も似ているのです。ただ、トコロには活用法があり、漢方薬として使われます。あくまで薬なので、健康体には不必要ですね。かなり苦いですし、おいしくありません」

――自然薯といえば、ホルモンを活発にするとかで、若さを保つのに良いとか。ファンも増えているそうです。どのようにトコロと見分けますか?

「葉っぱは同じハート形なので、見分けは難しいですね。ただ、ツルの巻き方が違います。自然薯は右巻き、トコロは左巻き(アサガオと同じ方向)です」

生兵法はけがのもと、事典やネットなどで調べた知識のみでは少し危険ですね。経験に勝る辞書はないように思えました。初心者は詳しい人と一緒に山菜取りを楽しむことが大切です。

自然薯農家 下田洋二

栃木県さくら市で自然薯農家「サンファーム」を経営。除草剤など一切使用しない自然農業を確立。若さを保つとされる自然薯の「効能」と、「安全」を両立した栽培を行っている。

(OFFICE-SANGA 秋田茂人)