ローソン、「すいかの杏仁豆腐」など夏の「UchiCaféSWEETS」8種を発売

写真拡大

ローソンは6月4日より、「サマーフルーツフェア」と題したスイーツ8商品を、毎週1品2週間限定で発売する。

同社は、希少な旬の素材や手間をかけた製法を取り入れた「UchiCaféSWEETSシーズンズコレクション」を展開している。今回は、顧客からの支持が高い国産の果物・野菜を使用し、季節感のあるスイーツに仕上げ、夏に向けて見た目にも涼しげなメニューを展開する。

第1弾は、6月4日〜17日に発売する「レモンの愛玉子(オーギョーチ) (愛媛県産レモントッピング)」。レモンの酸味を効かせたシロップの中に、カンテンイタビといわれるクワ科の種子から作られたゼリー(愛玉子)を入れた。価格は210円。第2弾は、6月11日〜24日に発売する「トマトとチーズのスイーツ(国産アメーラトマトトッピング)」。チーズプリンにトマトのジュレとバジルのジュレを盛り付け、糖度の高い長野県産(一部静岡県産)のアメーラトマトとダイスチーズをトッピング。価格は280円となる。

第3弾は、6月18日〜7月1日に発売する「さくらんぼのスイーツ(山形県産佐藤錦トッピング)」。キルシュ(さくらんぼのブランデー)やさくらんぼの果汁を使った寒天に、山形県産の佐藤錦を1粒入れた。価格は150円。第4弾は、6月25日〜7月8日に発売する「パインのタルト(石垣島産パイントッピング)」。発酵バターを使用して焼きあげたタルトに、パインの酒を隠し味に入れたカスタードをひき、甘みのある石垣島産パインを盛り付けた。価格は280円となる。

第5弾は、7月2日〜15日に発売する「マンゴープリン(沖縄県産マンゴートッピング)」。完熟アルフォンソマンゴーのプリンに、レモンのジュレを盛り付けて、甘みのある沖縄県産のアップルマンゴーをトッピングした。価格は250円。第6弾は、7月9日〜22日に発売する「すいかの杏仁豆腐(神奈川県三浦半島産すいかトッピング)」。純生クリーム入りの杏仁豆腐とすいかのジュレを2層に重ね、糖度の高い神奈川県三浦半島産のすいかをトッピング。価格は250円となる。

第7弾は、7月16日〜29日に発売する「メロンのタルト(夕張メロントッピング)」。発酵バターを使用して焼きあげたタルトに、メロン果汁入りのカスタードをしき、純生クリームと北海道夕張メロンをトッピングした。価格は350円。第8弾は、7月23日〜8月5日に発売する「桃のコンポートスイーツ(国産白鳳トッピング)」。ミルクプリンに桃のジュレとレモンのジュレを盛り付け、甘さ控えめのカスタードを合わせた和歌山県産(一部山梨県産)白鳳のコンポートを半身のせた。価格は350円となる。

同シリーズの商品は、すべて期間と数量が限定となる。果汁など加工食材の一部には海外産を含むとしている。また、生鮮品のため、天候要因により産地などが変わる可能性もあるとのこと。発売は、ローソンストア100を除く、全国のローソンにて行う。