和歌山県で「梅酒BAR 2013」開催! 酒蔵を開放して30種類の梅酒を飲み比べ

写真拡大

中野BC(和歌山県海南市)は約1万坪の酒蔵を一般開放して、梅酒約30種の飲み比べできるイベント「梅酒BAR 2013〜梅酒を楽しむ会〜」を6月9日に開催する。

同イベントは、ウメの収穫の最盛期を迎える時期に開催するもので今年で4回目。昨年は1,370人が来場した。今年は梅酒の全国大会で日本一に輝いた「紀州梅酒 紅南高」や、ミカン・イチゴ・レモン・ローズヒップといった果汁やショウガ・ニンジンなどを梅酒に加えた“カクテル梅酒”など、約30種を用意する。

また、地元の料理店など約20店が協力。「茶がゆ」や有田のタチウオを使った「ほねく丼」といった和歌山グルメ、チーズプロフェッショナルが選ぶ梅酒に合うこだわりチーズ、焼き鳥など厳選した料理を屋台形式で販売する。

ドリンクはアルコールだけではなく、梅ジュースなどのソフトドリンクや、梅シロップを使ったノンアルコールカクテルのウメのジェラートも用意。お酒が苦手な方や子供も楽しめる。

会場では、”音楽”や”エクササイズ”ができる無料イベントや、地元出身の陶芸家による梅酒カップ作り教室などのイベントも実施する。更に同社の”梅酒杜氏”である山本佳昭氏による、「梅酒の漬け込みセミナー」も開催する。

参加費は500円(入場料・1ドリンク付)で、未成年の来場者は無料。梅酒は全て100円で販売。フード、一部ドリンクは有料(200円〜500円)。