退院したことが明らかになったジョージ・マイケル
 - Dave Hogan / Getty Images

写真拡大

 イギリスの高速道路で、乗っていた車が衝突事故を起こしたジョージ・マイケルが、搬送された病院から退院していたことがわかった。

 ジョージのけがは、切り傷と打撲のみで、軽い手当てを受けるにとどまった。恋人のファディ・ファワズはMetroに対し、「もちろん心配したけれど、ジョージと話したところ、大丈夫な様子だ。数か所打撲を負っただけで、何も心配はないよ」とジョージの様子を明かしている。

 ジョージが乗っていた車を運転していたと見られる40代の男性も病院に運ばれ、頭部にけがを負っていたことがわかっている。

 衝突事故の全貌はまだ明らかになっていない。(鯨岡孝子)