手塚治虫と石ノ森章太郎のコラボ展 東京都現代美術館で6月開催

写真拡大

 特別展「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」が、6月29日から9月8日まで東京都現代美術館で開催される。同展は、「鉄腕アトム」や「仮面ライダー」などの代表作から2人の軌跡や作品に込められたメッセージを振り返り、「マンガのちから」の源を探る企画展。各界で活躍する著名人たちが手掛けたオマージュ作品も展示される。

「手塚治虫×石ノ森章太郎」展 開催の画像を拡大

 「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」は、プロローグから第4部までの展示内容で構成。両者の未使用・未発表原稿が初公開されるほか生原稿やアニメーション映像を展示し、2人の代表的キャラクターが集結する。会場内には、著名なマンガ家が居住していたことで知られるアパート「トキワ荘」を再現。展覧会を通じて、マンガの可能性を広げた「マンガの神様」手塚治虫とマンガを育て上げてた「マンガの王様」石ノ森章太郎の仕事に迫る。

 同展で描かれる手塚治虫は、1946年に「マアチャンの日記帳」でデビューして以降『鉄腕アトム』をはじめ「リボンの騎士」や「火の鳥」、「ブラック・ジャック」、「三つ目がとおる』等の代表作を発表し、アニメーション界に大きな業績を残した人物。一方の石ノ森章太郎は手塚治虫が生んだストーリーマンガから影響を受けてマンガの道を志し、1998年に他界するまで「仮面ライダー」のほか「サイボーグ009」や「佐武と市捕物控」、「マンガ日本の歴史」などの作品を発表し、映像とマンガ連載を並行して行うメディアミックスの分野を開拓した。

■特別展 「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」
 The Power of Manga: Osamu Tezuka and Shotaro Ishinomori
会期:2013年6月29日(土)〜9月8日(日) 62日間
   月曜日、7月16日は閉館(ただし7月15日は開館)
時間:10:00〜18:00(入場は閉館の30分前まで)
会場:東京都現代美術館 企画展示室B2F
観覧料:一般 1,200円(960円)/ 大学生・65歳以上900円(720円)
    中高生700円(560円)/ 小学生以下無料*保護者の同伴が必要
    ※( )内は20名様以上の団体料金
    ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳を持参の方と、その付き添いの方(2名まで)は無料


■巡回館
 広島県立歴史博物館:2013年11月15日(金)~2014年1月5日(日)
 大阪歴史博物館:2014年1月15日(水)~3月10日(月)
 山梨県立博物館:2014年3月21日(金・祝)~5月19日(月)
 宮城県美術館:2014年5月31日(土)~7月27日(日)