国内男子メジャー「日本プロゴルフ選手権大会日清カップヌードル杯」で2位タイに入った松山英樹が最新の世界ランキングで80位に浮上。世界ランキング100位以内の選手が慣例で招待されるメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権(8月8日開幕)」の出場権獲得へ、また一歩近づいた。
メジャー制覇逃した松山英樹、失速の始まりは1番ホール
 松山はすでにメジャー第3戦「全英オープン(7月18日開幕)」出場権は獲得済み。「全米オープン(6月13日開幕)」は、5月27日(月)に行われる日本地区最終予選会(大利根CC)での出場権獲得を目指す。
 激闘から一夜明けたこの日は、都内で行われた日本外国人特派員協会の昼食会に出席。改めて将来の目標が「海外メジャー制覇」であることを宣言した。目標達成のために、1つずつハードルをクリアしていく。
 その他の日本人選手の世界ランキングは藤田寛之が62位に浮上。米国男子ツアー「HPバイロン・ネルソン選手権」で今季ベストとなる10位タイフィニッシュを決めた石川遼は114位にランクアップした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>