「ドレッドの寡黙さがミステリアスで惹かれる」という永作(中央)と、柳亨英氏(左)、杉山すぴ豊氏(右)

写真拡大

イギリスの人気コミックを完全実写化した「ジャッジ・ドレッド」のブルーレイ&DVDリリースを記念し、アメコミ翻訳家の柳亨英氏、アメコミライターの杉山すぴ豊氏、元・恵比寿マスカッツのメンバーでグラビアアイドルの永作あいりによる座談会が行われた。

すでに1995年にシルベスター・スタローン主演で映画化されている作品だけに、杉山氏は2度目の実写化に当初疑問を感じたという。「なんで、また作るんだろうと思ったんですよ(笑)。ヒーロー映画ブームに乗った安直な企画かなあ……と思って見たら、すごく出来が良かったですね」  柳氏も同意し、その理由として原作キャラクターの登場をはじめとする“忠実な映画化”を挙げた。「前作よりも原作に忠実で、ファンとしては見逃せないと思います。ヒロインのジャッジ・アンダーソンも、悪役のママも原作に登場します。劇中に出てくるビルも原作そのままなんですよ」と感心した様子だ。

さらに杉山氏は、ジャッジ・ドレッド役を演じた「スター・トレック」シリーズや「RED レッド」などの実力派俳優カール・アーバンにも注目。「偉いなって思ったのは、マスクを被ったままでまったく顔を出さないところ。1回くらいトイレに行って顔を出してもいいのに」と称賛したが、永作は「アイドルとしては、そんな仕事が来たら嫌です(笑)」とツッコミ。周囲の笑いを誘いつつも、「でも、もし演技のお仕事だったら、口元だけでどれだけ演技できるかどうか頑張りますね」とタレント魂を語った。

その後は、大ざっぱな永作の性格の是非について、杉山氏と柳氏が“ジャッジする”流れに。永作が「ひとり暮らしで母親にたまに来てもらうのですが、部屋があまりにも汚すぎて、空き巣が入ったと思ったらしくて警察を呼んじゃったんです」と衝撃のエピソードを披露すると、柳氏は「実は私も結構永作さん派で……。コミックや蔵書が2000冊くらいあって、ダンボールの山。なので、私にはジャッジする権利がない」と権利を放棄。杉山氏は「ジャッジするとすれば少年の“妄想促進罪”ですかね」と続け、「まず部屋が汚いって聞くと、その様子を想像するでしょ。それで、どんなものが永作さんの部屋にあるんだろう……って、少年たちの変な妄想をかき立てたということで有罪!」と話した。

「ジャッジ・ドレッド」ブルーレイ&DVDは、5月22日からTSUTAYA限定でレンタル開始(セル版は6月26日発売)。

■関連記事
「ジャッジ・ドレッド」特集
山下真司&照英が「ジャッジ・ドレッド」に大興奮!
山下真司&照英が「ジャッジ・ドレッド」CMナレーションに抜てき!
J・J・エイブラムス新ドラマに「スター・トレック」カール・アーバン
【映画評論】「ジャッジ・ドレッド」