見るからに異様なビジュアルのスマイリー。表情がわからないのが怖い!/[c]2013 Fever Productions, LLC.

写真拡大

チャット上で、とあるワードを3回送信すると、相手のところに人肉の仮面をまとった殺人鬼が現れる。そんな想像するだけでも恐ろしい状況を描いたのが、5月25日(土)公開のホラー『スマイリー』だ。同作に登場する殺人鬼スマイリーの姿が、あまりにおぞましいともっぱらの噂だ。

【写真を見る】怖すぎ! どす黒いもの口からあふれ出す

スマイリーは、スキンヘッド姿に、縫合された目と口(のような部分)を持ち、どす黒い血を滴らせながら登場する異形の存在。名前の由来でもあるニンマリと笑っているような口元をはじめ、その不気味なルックスはとにかくショッキングだ。そんな衝撃をよそに、彼は罪もない人間たちを次々と惨殺し続けていく。

ホラー映画に登場する仮面の殺人鬼といえば、『ハロウィン』(79)のブギーマン、『13日の金曜日』(80)のジェイソンを筆頭に、『悪魔のいけにえ』(74)や『テキサス・チェーンソー』(04)に登場したレザーフェイスなどが有名だ。だが、本作に登場するスマイリーは、それら過去のスター(!?)たちと比べても、決して引けを取らないおぞましさを誇っており、仮面殺人鬼の歴史に新たな1ページを加えてしまっている。

本国アメリカでは、そのショッキングな内容ゆえに上映規制を受けてしまったという本作。群雄割拠のホラー界に現れた大型新人の活躍(?)を是非劇場で楽しんでほしい。【トライワークス】