人気歌手のリアーナ (c)Hollywood News

写真拡大

歌手のリアーナが、イギリスの人気ファッションブランドTopshop[トップショップ]に500万ドル(約5億1400万円)の賠償金を求めて訴えている。

リアーナは、同ブランドが許可無しで自身の写真をTシャツにプリントし、販売しているため、過去8か月間同ブランドを経営するアルカディア・グループと交渉を行ってきたのだが、イギリスのロンドンで訴えを起こすために国際弁護士を雇ったと「ニューヨーク・ポスト」紙は伝えている。

関係者は「リアーナ側はTopshopに何度も彼女の写真(がプリントされたTシャツ)の販売を中止するように話していましたが、(Topshop側に)『我々がやりたいことをやる』と言われていました。彼らは(リアーナの)写真をカメラマンから購入しましたが、アーティストへのライセンス料を支払っていないのです。残念ながらイギリスの法律では、アーティストを守ることはできません」「何がリアーナにとって最も不快かというと、彼らは彼女に『地獄に落ちろ、我々は気にしない。君を売り続ける』と言ったことです」「イギリスの法律がアーティストを守らないことは分かっていても、彼女はTopshopを訴えることにしたのです」と明かしている。Topshop側はリアーナに5000ドル(約51万円)を渡すと話していたこともあったという。

リアーナの要求が通るのはどうやら難しいようであるが、どんな審判が下されるだろうか?【馬場 かんな】