開幕から10位、優勝、2位、2位で賞金ランク1位独走中の松山(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<国内男子賞金ランキング>
 「日本プロゴルフ選手権日清カップヌードル杯」終了時の国内男子ツアー最新の賞金ランキングは、日本人史上最速でのメジャー制覇こそ逃したものの2位タイフィニッシュを決めた松山英樹がさらに獲得賞金を伸ばし、2位に約2,000万円の差をつけて1位をキープした。
メジャー制覇逃した松山英樹、失速の始まりは1番ホール
 2位に逆転でメジャー制覇を果たした金亨成(キム・ヒョンソン)(韓国)、3位に塚田好宣がつけている。中日クラウンズを制した松村道央が4位、昨年賞金王の藤田寛之は7位に浮上した。
【国内男子賞金ランキング】
1位:松山英樹 (49,946,000円)
2位:金亨成 (30,540,223円)
3位:塚田好宣 (26,924,551円)
4位:松村道央 (26,314,000円)
5位:上井邦浩 (21,427,998円)
5位:プラヤド・マークセン (19,917,600円)
7位:藤田寛之 (16,173,333円)
8位:チェ・ホソン (16,082,100円)
9位:藤本佳則 (14,622,143円)
10位:小田孔明 (14,229,538円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>