スタトレ新作が全米弾丸発進、公開4日間で8,670万ドルの興行成績。

写真拡大

超大作映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」が5月16日、ついに全米で公開され、4日間で8,670万ドルという圧倒的なオープニングを挙げたことがわかった。

劇場に訪れた観客によるシネマスコアでは「A」の高評価を獲得。また、全米批評家サイトのロッテトマトでは、評論家の支持率が87%(観客支持率は89%)にも上るなど、高評価にも裏打ちされたオープニングとなっている。

9日に先行公開された7か国(英国、ドイツ、オーストリア、スイス、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコ)では、前作対比で170%となる累計3,100万ドルを記録。この17日の週末からロシア含む各国でも公開され、インターナショナルの公開国累計は40か国、興行収入累計は8,050万ドルを突破した。ロシアでは前作オープニング興収の400%、及び前作累計興収200%をすでに記録。公開された40テリトリーでは、驚異の前作比180%で、“スター・トレック旋風”が各国に上陸している。

現在すでに、ワールドワイドで1億6,460万ドル以上を達成し、インターナショナルの成績だけで3億ドル突破が見込まれ(前作は1億2,800万ドル)、ワールドワイドでは6億ドル以上の超大ヒット(前作は3億8,500万ドル)がいよいよ現実的なものとなってきた。まだ日本をはじめ、中国、韓国、フランス、ブラジル、イタリアなど大きなテリトリーの公開が控えているだけに、どこまで興行成績を伸ばすのか注目しておきたいところだ。

日本では、8月23日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか、全国超拡大ロードショー。