正月で華やかに着飾るモンの少女たち。人口700万人弱のラオスで、モン族は人口の1割。またモン族に限らず平地以外で暮らす高地や山岳民族は3割【撮影/『テイスト・オブ・ラオス』】

写真拡大

約8カ月のバックパッカー旅行後、2002年からラオスに住み、旅行会社を経てコーディネーターになった森記者が、ラオスの今についてレポートします。

山岳民族・モン族の物語

 ラオスには100とも200ともいわれる民族が存在するというが、国家は政策において、皆が同じ「ラオ族の兄弟」という意味で、居住区分別に分けた三大ラオ族(山岳、高地、平地)という呼称を造り出した。しかし、公式には言語系列に分類した49民族を発表している。

「民族」といえば、「少数民族」を連想するが、彼らは山岳部だけではなく町の中にも混在する(町に住んでいてもルーツが山岳の場合は山岳系ラオ族のカテゴリーに入る)。高級官僚や政治家となって国家運営に携わる人々も少なくない。

 ラオス北部の山岳にはモン族が暮らしている。国際的には、悲劇の民族として知られる。ベトナム戦争の裏側で秘密裏に行なわれていた米国の反共戦線の先兵・工作隊としてCIAに訓練されたが、米国の敗北とともに故郷を捨てて難民となり、残った者たちも迫害の対象となった――というのが通説だが、実際は、共産側についたモン族も多かった。その分派を代表するように、現職国会議長もモン族である。

 戦争のために、モン族は様々な人生を歩んで来た(クリント・イーストウッド監督・主演の映画「グラントリノ」では、米国に渡ったモン族たち第二世代の姿が描かれた)。

芥子の栽培技術に長けていたモン族

 彼らの起源は、中国に発する。今から約200年の昔、清の同化政策に抵抗した人々は迫害を受け、新天地を求めて南下。ベトナム、ラオス、タイ北部に流れ、新しいコミュニティを造った。

 ラオスにおいては、平地、高地(山裾、山麗、丘陵)にはすでに他民族がいたので、山岳に村を建てるしか土地が余っていなかった、といわれている。

 それも一理あるが、実のところ、アヘン、覚せい剤やヘロインの元となる芥子(ケシ)栽培に適した土地が、切り立った岩山や斜面を持つ山岳地帯だったという説もある。

 芥子は物々交換の対象であり、貨幣と同じ価値を持っていたという。旧統治国のフランスも芥子栽培を奨励した。そして、モンの人たちは、その栽培技術に長けていた。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)