「コク・苦味」と「炭酸の刺激」両立

写真拡大

サントリー食品インターナショナルは2013年6月4日、無糖の炭酸ブラックコーヒー「ボス ブラックスパークリング」(330ミリリットルペットボトル)を全国発売する。希望小売価格は、140円(税別)。

「炭酸無菌充填ライン」採用

1992年に登場し、2012年8月には発売20周年を迎えたロングセラーコーヒーブランド「BOSS」から、炭酸とカフェインでスカッとできる「ボス ブラックスパークリング」が販売される。

「炭酸無菌充填(じゅうてん)ライン」を取り入れ、ブラックコーヒー本来の華やかな香り、良質なコクと苦味を実現しながら、高炭酸の刺激ある味わいに仕上げた。パッケージでは、「ボス 無糖ブラック」185グラム缶のデザインをモチーフに、ブラックとシルバーで炭酸のはじける爽快感を表現している。