16番イーグルなどでスコアを伸ばし今季ベストフィニッシュ(Photo by Tom PenningtonGetty Images)

写真拡大

<HPバイロン・ネルソン選手権 最終日◇19日◇TPCフォーシーズンズ・リゾート(7,166ヤード・パー70)>
 米国男子ツアー「HPバイロンネルソン選手権」の最終日。トータル3アンダーの32位タイからスタートした石川遼が“67”で回り、トータル6アンダーでホールアウト。今季ベストとなる10位タイで4日間を終えた。
石川遼の今季ツアー成績
 石川は1番で幸先良くバーディを先行させると、4番でもバーディを奪取。9番でダブルボギーを叩いたものの、めげずに10番、11番とバーディですぐに取り返した。その後迎えた16番パー5では約128ヤードの3打目を直接放り込むチップインイーグルを奪取。最終18番はボギーとしてスコアを落としたものの、会心のゴルフを披露した。
 日本ツアーを経て昨年から米ツアーに参戦しているベ・サンムン(韓国)がトータル13アンダーでツアー初優勝を飾っている。
【最終結果】
優勝:ベ・サンムン(-13)
2位:キーガン・ブラッドリー(-11)
3位:チャール・シュワーツェル(-10)
4位:ジャスティン・ボリー(-9)
5位T:モーガン・ホフマン(-8)
5位T:マーティン・カイマー(-8)
5位T:スコット・ピアシー(-8)
8位T:チャーリー・ホフマン(-7)
8位T:ジョン・ハー(-7)
10位T:石川遼(-6)
10位T:グラハム・デラート(-6)
<ゴルフ情報ALBA.Net>