ソフィア・コッポラ「絶好の場所」、エマ・ワトソン「すばらしい環境」と『THE BLING RING』でカンヌ映画祭満喫cKAZUKO_WAKAYAMA

写真拡大

[シネママニエラ] ソフィア・コッポラ監督『THE BLING RING』が5月16日夜(現地時間)、第66回カンヌ映画祭ある視点部門のオープニング作品として上映され、ソフィア・コッポラ監督、エマ・ワトソンや、タイッサ・ファーミガ、クレア・ジュリアン、イズラエル・ブルサール、ケイティ・チャンがレッドカーペットに登場し、盛大なワールドプレミアとなった。会場には、チケットを手に入れようとするマスコミや一般人に加え、レッドカーペットのゲストを一目見ようとする観客が道路にあふれていた。

ティーンエイジャーの窃盗団を描く本作で、監督自ら脚本も手掛けた本作は、雑誌「Vanity Fair」で紹介された実際の事件をベースにしている。ハリウッドスターに憧れ、セレブの豪邸で総額300万ドルにのぼるブランド服やジュエリーの窃盗を繰り返したティーンエイジャーの姿を独自の視点で描いたセンセーショナルな作品。

映画『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソンが、これまでの優等生イメージを覆す窃盗団の主犯格役で出演していることや、ラグジュアリーなファッション、そして、事件の被害者の一人であるパリス・ヒルトンが撮影に自分の邸宅を提供したこと、カニエ・ウエストやM.I.A.といった錚々たるアーティストたちが集結した音楽など、様々な話題で各方面から注目を集めている。

上映時は何度も笑い声が起き、エンドロールが終わると、スタンディング・オベーションで会場の熱気もピークに。観客の中にはパリス・ヒルトンらセレブの姿もあり、その後行われたルイ・ヴィトン主催によるパーティでも煌びやかな盛り上がりをみせていました。映画界だけでなく、世界中のセレブたちをも熱狂させた一日となりました。

ルイ・ヴィトンの黒いドレスで登場したソフィアは「カンヌは、いつもとてもエキサイティングだと感じている。国際的なオーディエンスに観てもらうのは嬉しいことで、本作にとって特に絶好の場所」と語る。また、エマ・ワトソンは、「カンヌは映画好きの私にとって、人々が映画を心から愛している、すばらしい環境」と、初めて観客の反応を体験できる今回の上映を興奮気味に語った。

300BRing_main『THE BLING RING(原題)』ストーリー
舞台は名声に取り憑かれた街ロサンゼルス・ハリウッド。過熱するセレブカルチャーに囲まれ、ナイーブさと衝動を増幅させられたティーンたちは、ゲーム感覚でパリス・ヒルトンらのセレブ宅に侵入。やがて “BLING RING”と呼ばれる窃盗団として世間を騒がせていく。若気の至りで始まった遊びから、あっという間に犯罪に手を染めた彼らは、盗みを繰り返すうち、いつしか制御不能に陥るのだった。

『THE BLING RING(原題)』は、2013年12月より渋谷シネクイントほかにて全国順次ロードショー

原題=THE BLING RING
日本公開=2013年12月日
配給=アークエンタテインメント、東北新社
公式サイト=http://blingring.jp/
c2013 Somewhere Else, LLC. All Rights Reserved.
(C)若山和子/(C)Kazuko WAKAYAMA

――最新の「会見/イベントレポート」はこちら