四死球の多さに渡辺監督が苦言

ざっくり言うと

  • 19日の阪神戦で、西武は5投手が計10四死球と大きく乱れ、5−10で敗れた
  • 先発の涌井は4四死球で3回0/3、6失点でマウンドを降りた
  • 渡辺監督も「お客さんはフォアボールを見に来ているわけじゃない」と苦言を呈した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング