久しぶりの優勝争いに絡んだ金田(撮影:ALBA)

写真拡大

<ほけんの窓口レディース 最終日◇19日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,304ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ほけんの窓口レディース」の最終日。首位と2打差の5位タイからスタートした金田久美子は出だしから3連続バーディを奪い、首位のO・サタヤを追撃するも後半に2つのボギーを叩き失速。サタヤが逃げ切り、金田は1打差の2位タイで競技を終えた。
LIVE写真館で国内女子をチェック!
 優勝は逃したが高額賞金試合で上位フィニッシュ、しかし「ハーフ終わっていい位置にいたので、嬉しいとか悲しいよりも悔しいの一言です」と唇を噛んだ金田。後半はショットが曲がり始め、「本当に苦しいゴルフでした。後半は難しいから、伸ばすよりも落とさないように気をつけたんですけど、それが逆にダメだったのかな」と反省した。
 収穫は苦手だと思っていたこのコースで「3日間アンダーで回れたこと」。来週は地元の愛知県で開催される思い入れのある大会「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」に出場する。「来週は勝てるように、というか上位を狙って頑張ります」。苦手コースを攻略した自信を胸に、地元で今季初優勝を狙いにいく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
O・サタヤが単独首位に、狙うは大物釣り!
大山志保、4位タイで最終日へ「あとはメンタル」
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
ゴルフ好きな美女を紹介!ついに女優が登場「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング