衣裳はエルメス、杉本博司による文楽「曽根崎心中」が欧州公演

写真拡大

 現代美術作家の杉本博司が構成・演出・美術・映像を手がけた人形浄瑠璃文楽「杉本文楽 曽根崎心中付り観音廻り」が、2013年9月から10月の1ヶ月間、欧州で公演される。2011年8月に神奈川芸術劇場で初演され好評を博した同作品では、フランスのメゾン「HERMÈS(エルメス)」が衣裳協力。また、杉本博司に加えて、現代美術作家・束芋がアニメーションによるオリジナル映像作品を制作している。

衣裳はエルメス、「曽根崎心中」欧州公演の画像を拡大

 「私は今のこの世にあって、私の想像力を飛翔させ、古典の復活こそが最も現代的であるような演劇空間を試みてみたいと思った。」という杉本博司のアイデアにより実現した「杉本文楽 曽根崎心中付り観音廻り」は、現在の文楽公演では一部が割愛され上演されている「曾根崎心中」の原文を忠実に舞台化。杉本のコンセプトに共感した人間国宝の三味線方の鶴澤清治や、人形遣いの吉田簑助とともにつくられた。「HERMÈS」は、新たに制作された主人公「お初」の人形がまとう衣裳の素材としてスカーフを提供。これを用いてコンテンポラリーなオリジナル衣裳が制作された。

 「杉本文楽 曽根崎心中付り観音廻り」のヨーロッパ公演は、「日本スペイン交流 400周年」の記念事業としてマドリードで開幕する。マドリードのエスパニョール劇場での上演に続いて、海外初の日本文化会館として1962年に開館したローマ日本文化会館の開館50周年記念事業としてアルジェンティーナ劇場で公演。続いて、パリの舞台芸術の祭典フェスティバル・ドートンヌの目玉公演のひとつとしてパリ市立劇場で11公演が予定されている。また、2014年には再び国内に場所を移し、3月には東京と大阪の2ヵ所で公演されることが決定している。