IS300h「F SPORT」

写真拡大

トヨタ自動車は2013年5月16日、レクサス「IS350」「IS250」をフルモデルチェンジするとともに、新たにハイブリッドモデル「IS300h」を追加し、発売した。メーカー希望小売価格は、420万〜595万円。

「ボディー剛性」アップ

従来のスポット溶接より溶接打点間のピッチを細かくできる新工法「レーザースクリューウェルディング」や、ボディーを面で結合し、たわみを抑える「構造用接着剤」など、新技術を積極的に投入し、ボディー剛性を高めた。

スポーティーバージョン「F SPORT」には、新工法を用いた専用スポーツシートや可動式メーター、専用チューニングのサスペンションを取り入れ、中でも「IS350『F SPORT』」は、高速域での走行安定性や、中速域での俊敏さ、低速域での取り回しの良さを実現する「レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム」(LDH)を備える。

また、ハイブリッドモデル「IS300h」を設定。FR(後輪駆動)用縦置き2.5リッター直列4気筒アトキンソンサイクルエンジンと高トルクモーターを組み合わせた新開発のハイブリッドシステムを搭載し、JC08モード走行燃費は23.2キロ毎リットルを実現した。