副業で「個人輸出」ブームの兆し

ざっくり言うと

  • 海外に向けて日本の商品を売る「個人輸出」に注目が集まっている
  • 日本からは発送できても、相手国で受け取れない禁制品に注意が必要
  • 関税を減らすため値段を安く記載してほしいとの要求は脱税なので応じてはいけない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング