「KD-65X9200A」

写真拡大

ソニーは2013年6月1日、水平3840画素×垂直2160画素の4K対応液晶テレビ「ブラビア KD-X9200A」シリーズ2機種(65V型、55V型)を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は65V型「KD-65X9200A」が75万円前後、55V型「KD-55X9200A」が50万円前後とみられる。

「磁性流体スピーカー」搭載

フルハイビジョンの4倍に及ぶ約829万画素の解像度を持つ「4K液晶パネル」と、4K対応超解像エンジン「4K X-Reality PRO」を搭載。フル映像では表現しきれなかった細部まで再現でき、被写体の持つ質感やディテールまでリアルに描き出すという。

色の再現領域を大幅に拡大する「トリルミナスディスプレイ」技術も備え、「4K X-Reality PRO」とのカラーマネジメント性能の組み合わせにより、繊細な色の違いを描き出すことが可能となった。光の三原色である赤、緑、青に加え、中間色であるエメラルドグリーンなどの色も色彩豊かに再現する。

また、磁性流体スピーカーを取り入れた。ダンパーレスなので2次音圧の発生がなく、ボイスコイルから振動板までの伝達経路も短くなっている。テレビ前面には、大型フロントサイドスピーカーユニットを配置。背面に2機のサブウーファーを搭載する。