エディー・マクリントック、ジョアン・ケリー

写真拡大

不可思議な遺物を探し求めて奔走する、男女エージェントの活躍を描くSFドラマ『ウェアハウス13 〜秘密の倉庫 事件ファイル〜』。本作がシーズン5で放送を終了することが決まった。

2009年7月に米Syfyでスタートした本作は、シーズン1〜3はそれぞれ12〜13話からなっていたが、シーズン4では大きく拡大して20話編成となり、同局の看板ドラマに位置づけられていた。しかし、シーズン4後半部となる今年に入ってからSyfyは新番組『Defiance』に力を注ぐようになり、本作の放送時間は、従来よりも遅い午後10時に移動していた。

2014年に放送予定のシーズン5は、これまでどおり製作総指揮・ショーランナーのジャック・ケニーのもと、カナダのトロント市で撮影が始まる。また、フルシーズンではなく6話編成となる。

本作でピート・ラティマー役を演じるエディ・マクリントックは、今回の決定にともない「番組を愛してくれてありがとう。すぐにお役ご免になるよりは、6話だけでも作られるほうがずっとマシ。みなさんを失望させないことを約束しますよ」とツイート。また、製作総指揮者のケニーは、Syfyからの指示を受けて、最終シーズンではスケールの大きな物語を展開すると話している。番組が終了するのは残念だが、満足のいく形で幕を引いてほしいものだ。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
米Syfyが今一番力を入れている壮大なSFドラマ『Defiance』、シーズン2の製作が決定
未来の自分に雇われた若者が、謎の諜報機関に勤める新ドラマ『The Dover Agenda』ができるかも!?
『トゥルー・ブラッド』のグラント・ボウラーが、米Syfyの新ドラマ『Defiance』の主役に。ドラマとオンラインゲームの連動企画!