西部劇リメイクに出演するウィル・スミス写真:Press Association/アフロ

写真拡大

「ワイルドバンチ」(1969)のリメイク版に、ウィル・スミスが主演およびプロデューサーとして参加することになりそうだと、The Wireが報じた。

名匠サム・ペキンパー監督の「ワイルドバンチ」は、1913年のメキシコを舞台に強奪作戦を行った5人のアウトローたちの逃避行を描く西部劇。ワーナー・ブラザースが新たに手がけるリメイクでは、舞台設定が現在になり、メキシコのドラッグ王の金を強奪するため、チームを編成する元麻薬取締局捜査官の活躍が描かれることになる。

「オーシャンズ11」シリーズを送り出した映画プロデューサーのジェリー・ワイントローブは、ワーナーの過去のライブラリーのなかからリメイク用の企画を数年間にわたり探してきた経緯がある。「ワイルドバンチ」を発見し、トニー・スコット監督作として準備をしてきたが、スコット監督が昨年死去したために頓挫していた

スミスは、ワイントローブとともにリメイク版「ベスト・キッド」(10)をプロデュースした経験があることから、今回、共同で手がけることになった模様だ。

■関連記事
ウィル・スミス、「アフター・アース」発案のきっかけはジェラシー?
ベン・アフレック代役にウィル・スミス クリステン・スチュワートは降板
インディ、ボーン、ジャック・スパロウ…伝説の役を断っていた俳優20人
トニー・スコット監督、「ワイルドバンチ」リメイクへ?
トム・クルーズ「荒野の七人」リメイク版に主演