AI×シェネルの初コラボ曲がカンフー映画のイメージソングに!

写真拡大

ウォン・カーウァイ監督の最新作「グランド・マスター」の日本版イメージソングが、R&BシンガーAIの「After The Storm feat.シェネル」に決定し、同楽曲を用いたテレビスポットがこのほど公開された。

「After The Storm」は、嵐のような時代の波に翻弄(ほんろう)される、映画の登場人物たちの愛と宿命を歌いあげた壮大なスケールのバラード。互いに「いつか一緒にコラボしたい」と思っていたことからコラボレーションが実現した曲だ。

今回初めて洋画とタイアップしたAIは、「最高です!」とコメント。曲のタイトルには「嵐のあと、いつか明るい陽がさすから」「絶対に、必ずいつかは晴れるから」という意味を込めたいい、「この映画でもすごい雨のなかでの戦いのシーンがあって、ぴったりだと思います」と自信をのぞかせた。また、映画のアクションシーンには、「私が子どもだったら、絶対カンフーをやり始めていたと思いました」と大いに興奮したようで、「見どころ満載です!」と太鼓判を押した。

一方、以前より熱望していたコラボが実現し「ワクワクした」というシェネルは、「どんな困難があろうと、信じることで、それは必ずよくなるというポジティブな曲。日本のみんなに早く聴いていただきたいです」とメッセージを寄せた。

「ブエノスアイレス」「花様年華」のカーウァイ監督が初めてカンフーを題材に取り上げ、ブルース・リーの師匠としても知られる武術家イップ・マンら実在のカンフーの達人たちが、時代や運命に翻弄(ほんろう)されながらも生きる姿を描く。トニー・レオン、チャン・ツィイー、チャン・チェンら、香港・中国・台湾のスターが集結した。

「グランド・マスター」は、5月31日から全国で公開。テレビスポットは18日から全国で放送される。

■関連記事
【動画】「グランド・マスター」TVスポット(ドラマ編)
ダチョウ倶楽部、アクション女優志望のカンフー美少女にリアクション芸を伝授!
第63回ベルリン映画祭開幕 ウォン・カーウァイ待望の新作に拍手喝さい
伝説のカンフー映画「少林寺」「少林寺2」が初ブルーレイ化!
映画関係者ら101人が選んだロマンティックな映画ベスト100