ゲーム・オブ・スローンズ

写真拡大

アメリカで高視聴率を毎週叩き出している大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。本作を何シーズンで完結させるか、プロデューサーがその見通しを示した。

【関連特集】これを観ずしてなにを観る。傑作大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』いよいよ日本上陸。

ジョージ・R・R・マーティン作の原作小説「氷と炎の歌」シリーズは全七巻で完結する構想となっており、これまでに五巻が刊行されている。このうち、現在放送中のシーズン3は、第三巻『剣嵐の大地』の前半部をベースとし、シーズン4は後半部を映像化することになっている。

一巻につき1シーズンと単純に計算できないため、ドラマはいつまで続くのか予測が難しかったが、BAFTA英国アカデミー賞の授賞式に参加したプロデューサーのフランク・ドールガーは、Radio Timesに向けて「全部で7シーズン」という目標を暫定的に示した。(なおこのBAFTA賞で、本作は、視聴者が投票するRadio Times Audience賞を受賞し、国際シリーズ賞にもノミネートされている)

「シーズンの数については今ちょうど話し合いをしているところです。番組が存続して視聴者がついてきてくれるなら、7シーズンまで作れればいいんじゃないでしょうか」と話すドールガー。つまり彼の言うように事が運べば、原作の巻数とシーズンの数は、全体としては同じになるということらしい。

しかしそうなると、ドラマのシーズン5以降は、原作の内容をかなり圧縮しなければならないのだろうか。気になるところだが、プロデューサーたちの頭には、すでに物語の完結に向けたプランがあるのかもしれない。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン4の製作が早くも決定!
またもや壮大な構想アリ? 『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚が製作か?
【速報】2013年最大の注目作『ゲーム・オブ・スローンズ』、7月17日(水)にブルーレイ&DVDリリース決定!