5アンダー首位タイで最終日へ(撮影:ALBA)

写真拡大

<ほけんの窓口レディース 2日目◇18日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,304ヤード・パー72)>
  国内女子ツアー「ほけんの窓口レディース」の2日目。初日31位タイとやや出遅れていた笠りつ子がこの日7バーディ・1ボギーの66をマーク。スコアを6つ伸ばし、首位と1打差の2位タイに急浮上した。
「ほけんの窓口レディース」はLIVE写真館でチェックしてね!

 笠は出だしの1番パー5で3メートルのバーディパットを決め幸先のいいスタートを切る。3番からは連続バーディ奪取し、スコアを3つ伸ばし後半へ。後半も11番パー5でバーディが先行、15番でこの日唯一のボギーを叩いたものの14番では7メートル、16番パー3ではでは3メートルを沈め、スコアを伸ばす。最終18番ではスピンの効いた球で3打目を1.5メートルにつけバーディ締め。「アプローチ、パターがいい感じでした」と好調なショートゲームを武器に一躍優勝戦線に名乗りを挙げた。
 笠は序盤戦は好調だったが、ここ2試合は予選落ちと調子を落としていた。今大会で、復調したきっかけはキャディからのアドバイス。パティング時にボールを左に置きすぎていたのを指摘され、そこを修正したところ「本来のラインが出せるようになりました」。ショートパット、ロングパット共に決まりだし、また優勝を狙える状態に戻ってきた。
 首位と1打差で迎える最終日、「自分を信じて、強い気持ちを持っていくのみです」。ここまではチャンスを活かすことができなかったが、今回こそ今季初勝利をつかみとることができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
一ノ瀬優希、2勝目に向け首位発進「いいゴルフができた」
桃子、連続バーディ締め!久しぶりの国内ツアーで1打差4位タイ発進
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
ゴルフ好きな美女を紹介!ついに女優が登場「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング