『ソラから来た転校生』の初日舞台挨拶が開催!

写真拡大

新人女優の星名利華、溝口恵のダブル主演映画『ソラから来た転校生』の初日舞台挨拶が5月18日にシネリーブル池袋で開催され、星名、溝口をはじめ、桑野晃輔、西島顕人、菅登未男、近藤勇一監督が登壇。星名は「ガクガクしています。今日はリラックスしていきたいです!」、溝口も「緊張しています!」と初々しい笑顔を見せた。

【写真を見る】新人女優の星名利華、溝口恵のキュートな制服姿!

本作は、天使としての記憶を失って地上で暮らす女子高生と、彼女を探しに地上に降りてきた天使が繰り広げる青春ファンタジーだ。ソラから来た天使・レイカ役を演じた星名は「レイカは人間ではないので、わからない部分も多かった。レイカはすごくクールなんですが、私は全然クールじゃないので(笑)。監督と相談しながら進めました」と役作りを振り返った。さらに「(溝口)恵ちゃんがいてくれて、とても安心感があった」と共演の溝口に話しかけ、溝口も「本当ですか!?私はかき乱しちゃうような役だったから、大丈夫だったかな?撮影はとても楽しくて、毎日いきいきと過ごしていました」と充実の表情を見せていた。

『ミュージカル・テニスの王子様』で知られる桑野は、「僕は男性と共演することが多くて。今回、女性陣に囲まれて緊張した。僕が引っ張っていこう!と意気込んで撮影に入ったら、女性陣の方がサッパリしていて。逆に引っ張られた」とニッコリ。また西島は「僕にとって初めての映画。桑野さんが引っ張ってくれて場が和んだ」と現場の様子を明かしてくれた。

「孫くらいの人たちと一緒に仕事をして、やっていけるかなと思った。どうにかできました。えへへ」とマイペースなコメントで、会場の笑いを誘ったのが菅だ。星名は「本当のおじいちゃんみたいだった」、桑野も「菅さんのアドリブに本気で笑ってしまった」と菅との共演を楽しんだ様子だ。菅は「82歳になりました。そろそろあの世に行くんじゃないかと思って。でも、生涯現役で行きたいと思っています」と微笑み、近藤監督も「まだ、バリバリ行けますよ!」と力強く菅を励ましていた。

お気に入りのシーンを聞かれると星名は「プールに浸かって遊ぶシーン。私の中のイメージで、青春=水なんです。プールに浸かるというのは、青春に浸かっているということ」、溝口は「橋の上で拳を合わせるシーン。青春ぽくて良いなと思った」と告白。それぞれの“青春”をかけた映画の完成を喜んでいた。【取材・文/成田おり枝】