『中学生円山』の初日舞台挨拶に登壇した宮藤官九郎監督

写真拡大

草なぎ剛主演、宮藤官九郎の脚本&監督作『中学生円山』の初日舞台挨拶が、5月18日公に新宿バルト9で開催。草なぎ剛、平岡拓真、遠藤賢司、鍋本凪々美、刈谷友衣子、坂井真紀、宮藤官九郎監督が舞台挨拶に登壇した。宮藤監督は「これは僕の自信作です。着想の段階から自信がありました」と挨拶すると、草なぎも「自信作ですし、クドカンさんの渾身の一撃なので」と力強く語った。

【写真を見る】ブレイク必至の美少女!マドンナ役の刈谷友衣子は超ミニで登壇

草なぎは、「もう、円山って感じです。心が丸くなって」とお茶目に言い「大きな作品に出演できて、勉強になりましたし、また、次のステップに行こうかと」と手応えを口にした。タイトルロールを演じた平岡は「服を脱いで頑張った作品なので、たくさんの方に見ていただいて本当に嬉しいです」と笑顔を見せた。また、遠藤賢司は、宮藤監督に対して「これからも自分が見たい映画を作ってほしい!」とエールを送り、ファンキーなパフォーマンスを披露した。

その後、キャストと監督は、映画にちなんで、最近した“妄想”を、中学生時代ならではの黒板への落書きで披露。現在、NHKテレビ小説「あまちゃん」の脚本を手がけている宮藤は、自分のイラストを指して、「ギターを弾いて、足で『あまちゃん』が書けたら良いなと」とコメント。坂井は「『はじめ人間ギャートルズ』みたいなお肉が食べたい」と、平岡は100点を取っているイラストを書き「高校に入ると頭が良いやつがもてるという情報が入ってきたので、もてたいなと」とコメント。草なぎは「長いニンジンに乗って波乗りをしている」と、夢に見たという内容を絵にして笑いを誘った。

『中学生円山』は、宮藤のオリジナル脚本の映画化作品で、エッチな妄想ばかりしている中学生男子の円山(平岡拓真)が、ひとりのシングルファーザー(草なぎ剛)と出会い、成長する物語。キレのあるアクションを魅せる草なぎ剛や、体当たりでタイトルロールを演じた平岡拓真など、個性派妄想キャラクターの炸裂ぶりが痛快な1本となった。【取材・文/山崎伸子】