佐野元春と古厩智之監督

写真拡大

歌手の佐野元春が5月17日、主題歌を手がけたWOWOWのドラマ「配達されたい私たち」(放送中)の古厩智之監督とともに、東京・WOWOW本社で行われたトークセッションに出席した。

3月にリリースされたオリジナルアルバム「ZOOEY」の収録曲「虹をつかむ人」が、ドラマのテーマと深く重なり合うことから番組側がオファーし、主題歌提供が実現。佐野が連続ドラマの主題歌を担当するのは、「二十歳の約束」の主題歌「約束の橋」以来21年ぶりとなるが「映画やドラマの楽曲はタイアップが先にあることがままあるけど、内容に沿って指名いただけたのは光栄でした」と語る。

古厩監督は、佐野を「思春期・青春期を通り過ぎてきた人」と語り「“俺”でも“僕”でもない曲を書く佐野さんが出てきたとき、『なんてカッコいいんだ!』と思った。勝手に“兄貴”の言葉だと思っていた」と熱弁。「アンジェリーナ」「Young Bloods」など楽曲名を挙げ、青春時代の思い出に浸った。佐野は「全国に弟がいます」と笑い、「主語を使わなかったり、3人称主体でソングライティングをしていましたが、多くの人に楽しんで聴いてもらうために“僕”ではなくひとつの物語を書こうと試した」と述懐した。

また、「虹をつかむ人」に込めた思いを「まともに生きようとして壁にぶち当たってしまう人をよく観察し、側面から彼らをバックアップしようと思った。ゴールに行き着くことが目的ではなく、プロセスが人生にとって大事」と説明。古厩監督は「ドラマはうつ病という細かいテーマを扱っているけど、実は普通の人生を描いている。佐野さんの曲も普通の人生を肯定している」と作品との共通点を語る。

「私をスキーに連れてって」の脚本家として知られる一色伸幸が、自らのうつ病克服の経験を元に描いた物語を実写化。うつ病で仕事を失い、家族との関係もきしみ始めた主人公が、自殺しようと訪れた廃墟で配達されないまま捨てられた7通の手紙を拾い、人生のカウントダウンとしてその宛先を訪ねて手紙を渡そうとする。

■関連記事
栗山千明、好みのタイプはスポック!「スター・トレック」続編で吹き替え声優
三上博史、NHK新ドラマで中年刑事に 栗山千明はアイドル役で歌って踊る
「図書館戦争」アナザーストーリー「図書館mini戦争」が配信・放送
市原隼人、塚本高史ら坊主頭に眼光鋭く…渡哲也も「すごいねえ」
三浦友和・百恵夫妻の長男祐太朗が“平成の松山千春”に!