BUCK-TICK、ドキュメンタリーに豪華2曲を書き下ろし!
 - (C) 2013 BUCK-TICK MOVIE PROJECT

写真拡大

 人気ロックバンドBUCK-TICKが、バンドのメジャーデビュー25周年を記念する2部作ドキュメンタリー『劇場版 BUCK-TICK 〜バクチク現象〜』の主題歌を書き下ろすことが決定した。楽曲は2曲制作され、前編と後編それぞれの主題歌となる。

 同作は、1987年のメジャーデビューからメンバーチェンジもなく日本音楽界を駆け抜けてきたBUCK-TICKを追ったドキュメンタリー映画。彼らが日本武道館で開催した、2011年12月29日の公演から、2012年12月29日のツアーファイナルまでの1年間に密着した1,500時間に及ぶ映像素材を駆使して、彼らの活動の神髄に迫る。

 そんな本作に華を添えるのは、やはりBUCK-TICK自身が手掛ける主題歌。Iのテーマソングは「LOVE PARADE」、IIのテーマソングは「STEPPERS −PARADE−」となり、作詞は共にボーカルの櫻井敦司が担当。作曲はギターの星野英彦と今井寿がそれぞれ手掛ける。

 まさにBUCK-TICKファン必聴といえる2曲だが、CDリリースについては未定。当面は劇場でしか聴くことができない貴重な音源となっており、ますます劇場公開への期待が高まることになりそうだ。(編集部・入倉功一)

『劇場版 BUCK-TICK 〜バクチク現象〜』「I」は6月15日 「II」は6月22日より新宿バルト9ほかにて全国公開