がんばってラウンドしていたが、体調が良くならず途中棄権した池田勇太(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<日本プロゴルフ選手権日清カップヌードル杯 17日◇2日目◇総武CC総武C(7,327ヤード・パー71)>
 国内男子メジャー初戦「日本プロゴルフ選手権日清カップヌードル杯」の2日目。池田勇太が9ホール終了後に背筋痛を訴えて棄権した。
日本プロゴルフ選手権はALBAでチェック!
 開幕前日15日(水)の夜に背筋を痛めていた池田は、初日こそ1オーバーで踏みとどまったが、体は限界だった。この日も朝からスイングのフィニッシュもとれない状態で、序盤からボギーを連発。ハーフ終了と同時に棄権した。
 ホールアウト後は「痛いところが増えたからしょうがない」と言葉少なにコースを後にした。歴代優勝者で、日清食品所属のホストプロ。今大会を「自分のトーナメント」と表現するなど、誰よりも気合い十分だっただけに苛立ちを隠せなかった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
深堀圭一郎を支える同年代への思い「2度花を咲かせる選手に」
小平智が2位タイ!松山英樹、藤本佳則ら同年代から刺激
松山英樹1打速報日本プロゴルフ選手権配信中
ゴルフ好きな美女を紹介!ついに女優が登場「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング