イケメン好きのアラフォー女性と先の見えない婚活

写真拡大

小学生のころ、女子に人気のある男子はたいてい活発なスポーツマンだった。特に50メートル走のタイムが速い男子は、たとえルックスが微妙でもモテモテだったものだ。

一方、ルックスも成績も良いが、性格がおとなしい男子の場合、小学生社会においては決して女子にモテるわけではなかった。そういう男子は年を重ねるにつれ少しずつルックスの良さが女子に注目され始め、さらに成績の優秀さが功を奏して、一流大学に進学したり、一流企業に就職したりするころに人生最高のモテ期を迎えることが多い。

このころになると、50メートル走のタイムなんてものは女性の心を射止める要素ではなくなる。もし足が速いことが周囲の女性たちに知れたとしても、その男性が仕事ができない人だった場合、女性たちに「○○さんって足”だけ”は速いんだよー」とか「”無駄に”足ばっかり速くなってさー」などと、厭味を言われたりする可能性もある。

これはつまり、世の女性たちの男性に対する好みが、年を重ねるにつれ徐々に変化していくことを意味している。小学生時代は「活発なスポーツマン(ルックスは問題外)」を好み、中高生になると「お洒落でルックスが良い、陽気で活発な男子(必ずしもスポーツマンでなくとも良い)」を好むようになり、社会に出ると「お洒落でルックスが良く、活発で頭も良い男子(一流企業や一流大学)」を好むようになる(※あくまで一般論です)。

そして、もっと劇的に変化するのは女性がアラサーを迎えて以降だ。このあたりになると、好みの男性の条件においてルックスとスポーツはさほど重要でなくなってくる。もちろんモデルで大活躍できるほどのルックスや、プロで大金を稼げるほどのスポーツマンなら話は別だが、多くの場合、これまでの恋愛経験の中で「ルックスやスポーツで飯は食えないし、それだけでは人生は豊かにならない」という当たり前のことを悟るため、女性たちは「性格や価値観が自分と合致していること」「経済力が一定水準よりあること」「会話が楽しいこと」などといった内面で男性を判断するようになる。

そして、この境地に達した女性は、これ以降は同じ好みを維持していくことが多い。すなわち人生を80年と考えると、女性は約50年間も男性を内面で評価することになり、ルックスやスポーツを評価対象に入れるのはわずか20年ほど、ましてやそこに徹底して執着するのは10年にも満たない計算になる(※繰り返しますが、あくまで一般論です)。

ところが、世の中にはこういった人間としての必然的な変化の過程を、どういうわけか辿らない人もいる。たとえば都内の某企業の事務職で働くE子がそうだ。

東北出身の彼女は、小学生時代は足が速い活発な男子に惚れ込み、中学生になると、某ジャニーズアイドルのファンになったことをきっかけとして、無類のイケメン好きになった。そして、いつのまにか足が速いことなど好みの条件ではなくなり、お洒落でイケメンでありさえすれば良いという極端な男性観が確立。E子曰く「イケメンだったらどんな会話をしても楽しいから、内面は関係ないのー」だとか。イケメンは得である。

もっとも、この程度なら若年時代の麻疹みたいなもので、多かれ少なかれ誰でもあることかもしれない。男も女もルックスの良さに憧れる時期はあるものだ。

しかし、E子がすごいのは、中高生時代に確立された極端な男性観を社会に出てからも変わらず持ち続け、それゆえに独身のまま38歳になったことだ。彼氏もいない。

もちろんE子には強い結婚願望があり、年齢的に焦りもある。かくして現在も日夜出会いを求めて合コンに参加したり、婚活パーティーに参加したり、すなわち絶賛婚活中なのだが、そこで相手の男性に求める条件も10代のころと変わらずルックスオンリーであるため、なかなか良い出会いが見つからない。しかも無類のアイドル好きのためか、男性に求める理想の年齢も20代だ。失礼かもしれないが、なかなか出会えなくて当然だろう。