円安・株高効果も! ”セゾン資産形成の達人ファンド”純資産総額が100億円突破

写真拡大

セゾン投信15日、同社が設定、運用、販売する投資信託「セゾン資産形成の達人ファンド」の純資産総額が100億円を突破したと発表した。

セゾン資産形成の達人ファンドは、米国バンガードをはじめ、日本を含む世界各国9本のファンドに投資するファンド・オブ・ファンズ。世界約30カ国以上、約500銘柄の株式に分散投資し、世界経済の成長を捉えて安定したリターンを得ることを目指している。

セゾン資産形成の達人ファンドは、主に積立を利用していたことにより、リーマンショックなどの影響で株価が低迷し為替が円高基調となった局面でも、資金の流入が続いていたという。2012年の後半からは、(アベノミクスによる)円安・株高を受けて、顧客の資産額が増えると同時に純資産総額が増加して100億円を超えるに至ったとしている。