テイラー・スウィフト

写真拡大

ヒット曲『私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない』などで知られる歌姫のテイラー・スウィフトが、『New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士』のシーズン2最終話にゲスト出演。テイラーと共演したキャストたちが、彼女をベタ褒めしている。

【関連特集】ドラマをもっと輝かせるマストアイテム、音楽に注目!第55回グラミー賞 海外ドラマNAVI的大特集

テイラーが出演したのは、5月14日(火)にアメリカで放送されたシーズン2最終話『Elaine's Big Day』。テイラーが演じたのは、物語の展開を左右するほどの重要な役柄であったという。

主役のズーイー・デシャネル(ジェス)はテイラーについて、「彼女はすごく面白いし、本当に賢いの。プロ意識も高いわ。一緒に仕事をするのはとても楽しかった」と米Us Weeklyに語り、ハンナ・シモン(シシ)も「彼女は愉快で明るい人。私たちみんなを笑わせてくれたわ」とテイラーを絶賛した。シュミット役のマックス・グリーンフィールドは、現場でのテイラーを「魔法そのものだった」と表現。テイラーの歌声をいつまでも聞いていたかったと明かし、「彼女とは、息がぴったり合っていると感じた」と加えた。

どのキャストもテイラーをとても気に入った様子。はたしてどんな役を演じているのか、日本で見るのが楽しみだ。シーズン3にも引き続きテイラーが登場することを期待してしまいそうだ!(海外ドラマNAVI)



■関連記事
ズーイー・デシャネル、33歳の誕生日をネコに囲まれて過ごす!?
『New Girl』の男性トリオがお気に入りの年末年始の過ごし方を語る!
『New Girl』のマックス・グリーンフィールド、映画版『ヴェロニカ・マーズ』に出演