見ても舐めても楽しめる、塩でできたしょっぱい建造物9選

写真拡大


ペロ!

建物は、そのデザインや空間の居心地を楽しむものだと思っていましたが、それだけではないようです。広い世界には、そのを楽しむ建物が存在しているのです。ペロペロペロリと舐めるのです。世界にある塩でできた舐めることのできる建造物を紹介します。


20130514saltbuildings01.jpg

Salt Palace(テキサス州、米国)
80年もの間、訪れる人に舐められ親しまれている建物。建物の下には塩類鉱床があり、米国ブランドMortonの塩の原料となっています。
Image: Wikipedia


20130514saltbuildings02.jpg

パラシオ・デ・サル(ボリビア)
ウユニ塩原は、その名のとおり塩の大地。見渡す限り塩の固まり。そこにあるのが、塩で出来たホテル、パラシオ・デ・サルです。
Image: Palacio de Sal


20130514saltbuildings03.jpg

サリーナス・グランデス(アルゼンチン)
塩の砂漠にある、高塩度の建物。
Image: Flickr


20130514saltbuildings04.jpg

ヴィエリチカ岩塩鉱山(ポーランド)
世界最古の岩塩鉱山の1つ。13世紀から2007年まで、食卓に塩を提供してきました。内部にはこのような洞窟がいくつか。
Image: Flickr


20130514saltbuildings05.jpg

塩の聖堂
Image: Flickr


20130514saltbuildings06.jpg

塩の彫刻
Image: Flickr


20130514saltbuildings07.jpg

岩塩のシャンデリア
Image: Flickr


20130514saltbuildings08.jpg

ボフニャ岩塩鉱山(ポーランド)
中には、小さな教会が。
Image: Wikipedia


20130514saltbuildings09.jpg

キヨラ岩塩鉱、塩のモスク(パキスタン)
Image: Flickr


そうこ(LESLIE HORN 米版