毎月分配型で本当の高利回りを狙うならこの20本から ザイ編集部が厳選、利回り20%のファンドも!

写真拡大

年初から一気に円安が進み毎月分配型の利回りが好転してきています。しかし、08年の金融危機しかり、相場にはいつ何が起こるかがわからないのが世の常。そこでザイ編集部では、書籍『激辛「毎月分配型ファンド」入門!』の中で、長期で好成績を維持している各タイプのオススメファンドを厳選しています!

基準価額の下落を加味した「本当の利回り」や
「分配金の健全率」に注目!

 オススメ20本をどうやって選んだか。
 
 まず毎月分配型に投資する際に、毎月一定額の分配金を受け取っているからといって安心してはダメ。受け取った分配金以上に基準価額が下落していては意味がないからです。だから、基準価額の減少分を加味した「本当の利回り」が高いかどうかに着目しています。

 また、ザイでは「分配金の健全率」にも注目。健全率とは、ちゃんと利益から分配金を出しているかどうかに着目したもの。具体的には、1年間の基準価額の増減額を1年前の基準価額で割って算出。マイナス幅が大きいと分配金以上に基準価額が下落して元本を取り崩しているということ。健全率が低い状態が続くと自分の資産から配当を出すタコ足状態が続くということなのです。

 加えて、ネット証券や大手金融機関で売っていて、取扱い販売会社が多く買いやすいかどうかにも注目しています。また、グローバル債券型の中にもいろいろな種類があるため、豪ドル債券のみのタイプ、先進国債券を組み合わせるタイプ、資源国債券に投資するタイプの中からそれぞれ1本をチョイス。

 それがこちらの3本です。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)