サッポロ、東北産ホップ100%用いた「麦と東北ホップ」東北6県で限定発売

写真拡大

サッポロビールは7月17日より、協働契約栽培の東北産ホップを100%使用した「サッポロ 麦と東北ホップ」を東北6県限定で発売する。

同商品は、2010年から毎年販売している地域限定商品。原料のホップは、岩手県北ホップ農業協同組合(岩手県軽米町・岩手町、青森県田子町・三戸町)で栽培されたものを100%使用し、仙台工場で製造している。

今年の販売目標は、過去最高の5万ケース。同商品の売り上げの一部は、被災地に花を咲かせる「スマイルとうほくプロジェクト」に寄付される。同社はこの商品を通じ、被災地へ1本でも多くの花を咲かせられるよう取り組み、引き続き東北の復興を応援していくという。

販売は350mlと500mlの2種。価格はオープン。