神奈川県・横浜「みらい横丁」に世界50カ国のビールを集めたレストラン登場

写真拡大

ワールドリカーインポーターズは、7月16日にオープンする横浜ランドマークタワー ドックヤードガーデン「みらい横丁」内に、「世界のビール博物館 横浜店」をオープンする。

同店は、世界50カ国250種類以上のビールを集めたレストラン。2012年に開業した東京スカイツリータウン・ソラマチ店、今年4月に開業したグランフロント大阪店に次いで3店舗目、横浜エリアでは初の出店となる。

同社の、海外ビールの輸入販売を手がける専門商社としての強みを活かし、20種類を超える樽生ビールと250種類以上のビールを提供する。そのほか、ビール大国の雰囲気を再現したバーカウンターや、世界各国の定番料理が楽しめる豊富なフードメニューで、仕事帰りのビジネスマンから週末レジャーのファミリーまで幅広い利用者に応える店舗を目指すという。

また同社では、日本に現存する商船用石造りドックとしてはもっとも古い「旧横浜船渠第2号ドック」を復元した「ドックヤードガーデン」を利用した、季節限定のビールイベントを開催予定。同イベント会場では、横浜ランドマークタワー開業20周年を記念して実施される「ドックヤードガーデン」の壁面を使ったプロジェクションマッピングも楽しめるという。

オープン日は、7月16日。所在地は、神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークプラザ ドックヤードガーデンB2F。営業時間は、11時〜23時(予定)で、年中無休(予定)。