のんびり電車旅を味わいたい人に…賢く使う青春18きっぷ

写真拡大

「青春18きっぷ」を御存じですか?「青春」という名前がついているからといって、青春真っただ中の人しか使えないわけではありません。年齢を問わず使える、JRの一日乗り放題切符なのです。それでは、青春18きっぷのお得な使い方を御紹介しましょう。

■まずは使い方を知りましょう

青春18きっぷは、年3回(春季・夏季・冬季)、JRより発売される割引切符です。もともと学生の長期休業をターゲットに発売されたもので、発売期間と使用期間に期限があります。

販売価格は11,500円で、5回分の切符が入っています。この5枚の切符は、一人で5回使うこともできますが、5人でシェアしたり、2人で2日使うなども可能です。ただし、複数人で使う時は、全員一緒の駅から使い始めることが条件となりますのでご注意を。使用日内であれば、一枚の切符で何度でも乗下車できます。

使える時間は、当日の0時から24時まで。列車に乗っている最中に日付を超えた場合は、日付を超えて最初の駅まで使用可能です。

乗車できる列車は、基本的に普通列車・快速列車の普通車自由席です(一部例外もあります)。特急や新幹線に乗る場合は、別途乗車券と特急券が必要になります。ただし、普通列車のグリーン席・指定席などは、ほかにグリーン券・指定券を購入すれば乗ることが可能です。

■お得な使い方

この切符自体がお得ではありますが、どのくらいお得なのか、ちょっと確認してみましょう。

青春18きっぷは5枚で11,500円。ということは、1枚あたり2,300円です。日帰りなら片道1,150円以上の場所まで行けば、元は取れたということになります。運行時刻にもよりますが、頑張れば東京〜小倉(福岡)、東京〜大舘(秋田)など、驚きの距離を移動できるのです。これだけの長距離移動となると体力次第というところもありますが、電車でのんびり、車窓の景色を楽しみながら移動したい人にはオススメです。

また、あまり知られていないサービスですが、青春18きっぷを利用する人は、JRグループのホテルで割引を受けられます。詳しくはJR各社のホームページで確認してください。

■覚えておきたい注意点

5枚つづりの切符である青春18きっぷ。使用期限内で、未使用(一枚も使用していない)の場合に限り、払い戻しが受けられます。使いきれなかった分のみの払い戻しはできないので注意が必要です。さらに、天候不順で運休になった場合など、通常の切符なら払い戻しが受けられますが、青春18きっぷはその対象になりません。

また、例えば夜行列車などの場合、日付が変わる前の深夜に出発することが多くあります。そうなるとわずか数十分のために18きっぷを利用するよりも、出発日は別料金で支払って、日付が変わってから18きっぷを利用した方がお得になります。しっかり計画を立てて利用しましょう。

青春18きっぷは、のんびりゆったり、普通列車の旅を楽しみたい人にはオススメです。景色の変化や、車内の人の移り変わりなど、じっくり味わいながらの旅も、たまにはいいものですよ。