カナダ人歌手のカーリー・レイ・ジェプセン (c)Hollywood News

写真拡大

カナダ人歌手のカーリー・レイ・ジェプセンが、同じくカナダ出身のジャスティン・ビーバーをオーディション番組「アメリカン・アイドル」の審査員に推薦した。

現在次のシーズンで審査員が全員変わると噂されている「アメリカン・アイドル」。先日シーズン1から審査員を務めるランディ・ジャクソンが降板を発表し、歌手のニッキー・ミナージュが降板するのも確実とみられているほか、マライア・キャリーやキース・アーバンも番組を去るのではないかと言われている。

そんな中、「アメリカン・アイドル」のカナダ版「カナディアン・アイドル」のシーズン5(2007年)のファイナリスト出身であるカーリーが、「アメリカン・アイドル」の次の審査員として芸能情報誌「ザ・ハリウッド・レポーター」に「ジャスティンが最高だと思うわ」と推薦した。カーリーといえば、ジャスティンのツイッターでの発言がきっかけで世界中で有名になっている。

さらにカーリーは、「彼は音楽において素晴らしい意見を持っているわ。彼はとても若いけれど、経験も豊かよ」と語っている。

世界中で大人気のジャスティンが同番組の審査員になることになれば、特に若い視聴者を獲得することになり、番組にかなり貢献することになるだろう。もしかすると、番組側はすでにジャスティンにアプローチをかけているかもしれない。【馬場 かんな】