東京都港区・21_21 DESIGN SIGHTで、「カラーハンティング展」を開催

写真拡大

21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)では、6月21日〜10月6日、企画展 藤原 大ディレクション「カラーハンティング展 色からはじめるデザイン」を開催する。

同展は、シンプルな好奇心とパワフルな行動力を伴ったデザイン手法「カラーハンティング」を生み出したデザイナーの藤原 大氏を展覧会ディレクターに迎え、開催されるもの。

藤原氏の、自然や都市に存在する現実の色を、自ら水彩絵具を調合してその場で紙片に写し取っていく行為は、文字通り「色の採取(カラーハンティング)」となっており、そうして採取した色からはじめるデザインは、プロセスに関わる人々や使い手に色の意味や物語を伝え、拡げていくという。

同展では、野生のライオンや佐渡の朱鷺(とき)などをカラーハンティングし、世界に存在する色の多様性を示すだけでなく、それぞれの色が内包する意味についても紹介する。さらに、1200年前の古文書に記されている幻の色の再現に取り組む研究者や、野菜から色を抽出しようとする企業とのプロジェクトを発表するほか、国内外の教育機関と協働で対象のイメージや情報を色に置き換える試みも行う。

開催日時は、6月21日〜10月6日 11時 〜20時(入場は19時30分まで)。休館日は火曜日。会場は、21_21 DESIGN SIGHT(東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内)。入場料は、一般1,000円、大学生800円、中高生500円など。小学生以下は無料。その他、詳細は同社Webページにて確認できる。