横浜市、防犯カメラの4割が休止

ざっくり言うと

  • 横浜市の繁華街に設置された防犯カメラの4割が稼働していないことが17日、わかった
  • 通信費などで1台あたり年間約20万円がかかる運営費不足のため
  • 市は「重要な場所では稼働させており、問題ない」と説明している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング