<日本プロゴルフ選手権日清カップヌードル杯 17日◇2日目◇総武CC総武C(7,327ヤード・パー71)>
 国内男子メジャー「日本プロゴルフ選手権日清カップヌードル杯」の2日目。4アンダー2位タイからスタートした松山英樹は通算4アンダーで3位タイに後退した。松山はこの日も2バーディノーボギーの“69”でラウンド、通算6アンダーでホールアウトした。しかし、ラウンド後ギャラリーから15番パー4でのセカンド地点、クラブをソールした後にボールが動いたと指摘があり、それにより2打罰を付加し通算4アンダー4位タイとなった。
 この日松山の大学の先輩でもある藤本佳則が猛チャージをみせた。2アンダー8位タイからスタートした藤本は7バーディ1ボギーの“65”をマーク、通算8アンダー単独首位に躍り出た。通算6アンダー単独2位に呉アジュン、5アンダー単独3位に小平智がつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山英樹、1打差2位発進!突如ショット復調「自分でもビックリ」
日本プロもALBAでチェック!
松山英樹1打速報日本プロゴルフ選手権配信中
ゴルフ好きな美女を紹介!ついに女優が登場「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング