草なぎ剛とともに中学生の質問に答えた宮藤官九郎

写真拡大

宮藤官九郎最新監督作「中学生円山」の中学生試写会ティーチインイベントが5月17日都内の劇場であり、草なぎ剛、平岡拓真が宮藤監督と共に出席し、現役中学生からの質問に答えた。

子ども時代にどんな妄想をしたかと問われた草なぎは「エッチな妄想もしました(笑)」と素直に告白。若き日の妄想は、今となっては“頭の体操”だったと例え、「悪いことではないし、いろんな妄想をした方が何かあったときに備えられるので、健康的なことならどんどん妄想して」と中学生に呼びかけた。

平岡は「僕は高校に入ったばかりで女の子が好きなので、アイドルとデートしたりしてる」という妄想をごく最近したそうで、それを受けて草なぎは「僕も昔、宮沢りえさんとデートした妄想しました。夢の中に出てきて、もっと好きになりました」とかつての妄想を明かし会場を沸かせた。

友達と同じ男の子を好きになってしまったという女子生徒からアドバイスを求められた宮藤監督は、「みんなをたきつけて、(ライバルが)誰もいなくなってから行くのがいいんじゃないか。みんなが玉砕するのを見ながら傾向と対策を練って」と回答し、中学生たちをうならせていた。

映画は妄想で頭がいっぱいの少年・円山が主人公。草なぎ演じる団地に越してきた謎のシングルファーザーとの出会いにより、円山の運命が大きく変わっていく姿を描く青春コメディ。

「中学生円山」は5月18日から全国公開。

■関連記事
宮藤官九郎、次回作では笑いなしのシリアス作品に意欲?
草なぎ剛、SMAPに国民栄誉賞の声に「おこがましいです」と恐縮しきり
宮藤官九郎の中学生時代の妄想に草なぎ剛らが大爆笑
草なぎ剛主演「中学生円山」、公開日を変更
宮藤官九郎、「中学生円山」完成を前にネタばらし