トム・クルーズとJ.J.エイブラムス。先日、二人が関わる『ミッション:インポッシブル』のシリーズ5作目の製作も決まった

写真拡大

鬼才J.J.エイブラムスの手により全く新しく生まれ変わったSFアクション超大作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のLAプレミアが、全米の公開に先立つ現地時間5月14日に、アカデミー賞会場でもあるドルビーシアターで華やかに開催された。

旧スポック役レナード・ニモイは妻と出席。スタトレファンにはおなじみの、中指と薬指の間を開けたヴァルカン式挨拶を決める

会場には、エイブラムス、主演のクリス・パイン以下、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、カール・アーバン、ジョン・チョウ、アリス・イヴ、ブルース・グリーンウッドなど出演者が続々と登場。そして旧スポックを演じたレナード・ニモイが登場すると、全米から集まったファンたちで会場の熱気は最高潮に!ファンからの山のようなサインや写真責めに、出演者たちはにこやかに応えていた。さらに大人気シリーズの最新作をいち早く鑑賞しようと、『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』(11)でエイブラムスとタッグを組んだトム・クルーズをはじめ、ケイト・ベッキンセールなど、多くのハリウッド・セレブや映画業界関係者が詰め掛けた。

本作は、5月9日から全世界7ヶ国で先行公開され、各国でNo.1となるなど素晴らしいスタートを飾っている。全米では現地時間で16日からの公開。公開前日までの前売座席予約数は前作比の200%増で、既に社会現象化しており、本年度の1、2位となる超大ヒットが期待されている。日本での公開は少し遅れて8月23日(金)から。3ヶ月後が待ち遠しい!【Movie Walker】